読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日是偏愛

気負わず心地よく暮らしたいふつうの主婦が、偏愛する品々について気ままに覚え書きしています。

リップティントジャム(CANMAKE)

コスメ

久しぶりにリップなんて買いました。

CANMAKE(キャンメイク)の、リップティントジャムという新製品です。

リップティントジャム : canmake.com/キャンメイク

何で知ったのか覚えてないのですが(雑誌とかかな?)、自然な発色でベタつかず落ちにくいとの触れ込みで、パッケージが可愛かったので、秋冬用に赤系のものを買ってみようかな、と思って近所で探してみました。

歳も歳なので、柄にもなくラブリーなパッケージ買いとか何やら恥ずかしいのですが、コスメフリーク卒業してはや数年、プチプラならこういう冒険もまあいいかな…と(笑)

f:id:wintermute1117:20161004141455j:image

(パッケージが見えづらかったのでフィルターで加工しています)

最初、ドラッグストアで探したのですが、限定店舗販売らしく、リップティントシロップというものしかありませんでした。

そちらでもいいかな〜と思ったのですが、PLAZAまで足を伸ばしたら売っていて、実物を見たら、ジャムの方が容器が透明で可愛かったので、やはりこちらにしました。

f:id:wintermute1117:20161004141442j:image

テクスチャーはかなりねっとりしていて糊状です。

色は01のチェリージャムです。

f:id:wintermute1117:20161004142202j:image

手に塗ってみるとこんな感じです。

汚い手でお目汚しすみません…。

f:id:wintermute1117:20161004142259j:image

落ちにくいとのことだったので、水でごしごし洗ってみました。

すぐに洗った割には、色が残っています。

時間が経つと定着するらしいので、実際にはもっと残るのでしょうね。

唇の写真をアップするのはとてもではないですが無理なので(笑)、感想だけお伝えしますと、血色が良くなる感じで、顔色対策にはもってこいです。

パッケージの形状はリップグロスですが、結構マットです。

お水を飲んでも、ほとんどグラスに色が付きませんでした。

きちんと口紅を塗られる方はリップベースとして使うと良いかもしれません。

ツヤ感が欲しい方は、リップティントシロップと併用すると良い感じですね。

ここ数年は、ほとんど口紅を使わなくて、バーツビーズのティンティッドリップバームを愛用していたのですが、撤退してしまい、今年再上陸したはずなのですが、近所での取り扱いが無く…。

とりあえず、しばらくはこれで乗り切ろうかと思います。

 

キャンメイク リップティントジャム01 チェリージャム 4g
 

 

 

 

ビルケンシュトックのマドリッド

ファッション 衣料品 シューズ

久しぶりにこちらを更新です。

日々、いろいろと胸キュンアイテムはあるのですが…また気が向いたときにアップしようと思います。

f:id:wintermute1117:20160823154655j:image

コストコで、ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のマドリッド(madrid)を買いました。

たぶんリピート5足目くらい。

実は、コストコに行くことがあまりなくなってしまい、退会しに行ったので、最後の買物です。

今度から安く買えなくなっちゃうなぁ。

コストコなら4000円くらいで買えます。

定価は6500円くらいかな?

ビルケンシュトックのサンダルは他にも持っているのですが(ちょうちょのモチーフで足首にストラップのある大変かわいいもの)、やはりツッカケて1秒でゴーできる、マドリッドしか履かなくなりました。

かわいさが便利さに勝てない、悲しい性です。

f:id:wintermute1117:20160823154704j:image

新品のソール、ピカピカでいいですねえ!

まだ今年はシルバーのを履いているので、おろすのは来年以降かな。

赤もかわいいので楽しみです。

 EVA素材も最近は見かけるようになりましたね。

お手頃価格ですし、雨の日やレジャーに活躍するのでいいかもしれないですね。

 

 

自家製レバーのパテ(水郷のとりやさん)

食べもの

父がたまにお取り寄せして、わたしにもおすそ分けしてくれるレバーパテがあります。「水郷のとりやさん」のレバーパテです。
これがとてもおいしいのです。特に、ワイン好きな方におすすめです。

 

f:id:wintermute1117:20160211160326j:image

100gの小瓶入で1296円です。
楽天で買えるようですが、月間販売数が決まっており、申込日に先着順で予約しないといけないようです。
販売ページは楽天らしさ全開でちょっと不安になるのですが(笑)、本当においしいのですよ。

 

f:id:wintermute1117:20160211160335j:image
チョコレートクリームみたいな質感です。
味も少しチョコレートのような甘くほろ苦い感じがあります。
臭みが全然なく、ムースのような舌触りです。
もちろん、ワインに合わせて頂いています。
やさしい味なので、カベルネより、ピノとかグルナッシュなんかの方が合うかもしれません。
今まで、レバーペーストは色々食べましたが、ここまで食べやすくおいしいものはありませんでした。
レバー苦手な方でも食べられるかもしれません。
ホームパーティに呼ばれた時のお土産なんかにも喜ばれると思います。

ブラーバ(iRobot)を買ってもらいました

家電 掃除用品
我が家の床は、普通のフローリングではなく、下地材にワトコオイルを塗って仕上げたものなのですが、人があまり通らない場所は艶が無くなり埃が溜まりがちになります。
大掃除の際に、オイルを塗ったり、ボディローションを塗ったり(要は油分が補えればいいようです)しているのですが、いかんせん、ベッドやソファの下の手入れが難儀でした。
しばらく考えた結果、心を決め、とうとう買ってもらいました!

f:id:wintermute1117:20160118150234j:image
最安値はノジマ電気でした。
オンラインで1/27に注文して、翌日には届きました。早い!
ブラーバはフロアモッピングロボットなのですね。
写真に床が写っていますね。
家のほとんどがこんな感じの板張りです。

f:id:wintermute1117:20160118150249j:image
ダンボールを開けると、化粧箱が出てきました。
高速充電の可能な380jにしました。
使いたい時にすぐ使える方がいい!
パッドとクロス2種、ノーススター・キューブ、充電器など、付属品がそこそこあります。

f:id:wintermute1117:20160118150300j:image
高速充電は2時間です。
大きさは、244x79x216(mm)、1.8kgだそうです。
思ったより小さくて幅を取りません。
ソファの下もするっと入りました。
動画を貼りたかったのですが、できませんでした…(汗)
写真を貼ります。

f:id:wintermute1117:20160201193428j:image
すみっこを拭くブラーバさん。
小姑のように隅をつついてくれます。

f:id:wintermute1117:20160201193413j:image
帰ってきたブラーバさん。
自動で最初の位置に戻ります。
おつかれさまでした。

f:id:wintermute1117:20160203160900j:image
ノーススター・キューブという手のひらサイズの付属品です。
これが司令塔の役目を果たしていて、拭き残し無くお掃除を出来るようです。

たまに複雑な形状の場所で何度も動きを修正しておりますが、なかなか頭が良いようで、なるべく細かくお掃除してくれようと頑張ってくれます。
見ようによってはカワイイです。

音は至って静かです。
ウェットモードだと前後に動いて念入りに拭いてくれますが、ドライモードでも結構きれいになります。
説明書では、ドライモードでは市販の使い捨てクロスが使用可、ウェットモードは純正のクロスのみとなっていますが、
ネットで調べたところ、皆さん柔軟にウェットクロスなど使用しておられるようです。
純正のウェットクロスは水含みがいいので水拭き感がしっかりとありますが、ゴミは絡め取りません。
立体吸着ウェットシート的なものですと、ゴミも絡めて取ってくれますが、厚みが足りないので力がどれだけ掛かっているのか不安な気がします。
えー、ここら辺は「自己責任」で、自分の家の床にあった使い方をいろいろ試してみるしかないですね。

部屋を片付ける必要はありますが、スイッチ1つでストレス無く拭き掃除が出来るので、結果として掃除の回数が増え、片付けついでに掃除機も掛けたりすると、相乗効果もあり、おうちが綺麗になる気がします(笑)
(追記)
実は、買って1週間くらいの1/26に、動作不良(右の車輪が動かないのか、旋回ばかりでなかなか進まない)があり、サポートに電話しました。
クロスの位置の調整をし、ヘッドを軽く10回押して、バッテリー抜いて再起動と言う対処法を試してくださいと言われたのですが、言われた通りにしたら、益々くるくる回るようになってしまい、初期不良扱いで交換となりました。
3日後に佐川急便で旧品新品の交換をし、今のところはスムーズに使えております。
少し不安になりましたが、対応は悪くなかったので、片目をつぶって様子を見たいと思います。

クーリッシュ(ロッテ)

お菓子 アイスクリーム
f:id:wintermute1117:20160124202709j:image
昔はハーゲンダッツなんかの濃厚なアイスクリームが好きでしたが、年々甘いものがあまり好きではなくなり、お手頃なアイスクリームに手が伸びるようになりました。
なんとも安上がりな女です…(笑)
特に、ミルクミルクしていないものが好きです。
しかし、残念ながらガリガリ君は食べられません。
わたしは知覚過敏なのです…。

このクーリッシュなのですが、マンゴー味とキウイスムージー味が並んでいて、わたしはキウイスムージー味を選びました。
さっぱりしていて、プチプチとした種の食感がアクセントになっています。
喉を潤すのにちょうどいい甘さです。
家族がマンゴー味を買ったので味見しましたが、そちらもおいしかったです。
キウイスムージー味よりは濃厚な風味でした。
氷菓ですが、じゃりじゃりしてなくてスムースな口当たりがいいですね。
そのまま口にできるので、器もスプーンも汚さなくてお手軽なのもありがたい。
近所のスーパーではおひとつ59円だったので、今度はまとめ買いしておこうと思います!

直火焼 カレー・ルー 中辛 (コスモ)

食べもの
最近はやりのカレー・ルーが苦手なわたしです。
熟とかコクとかまろやかとかそういうやつです。
どうやら、植物油脂か化学調味料か、なんかそこら辺の具合がよろしくないらしく、食べると気分が悪くなってしまいます。
ルーを使わないインドカレーもよく作るのですが、欧風カレーの時はやはりルーは使います。
そんなわたしが近頃気に入っているカレー・ルーがこちら。

f:id:wintermute1117:20160108232945j:image
コスモの直火焼カレー・ルー、中辛です。
近所のスーパーで268円で売っています。
おいしいルーは数あれど、こんな手頃な価格で、かつスーパーで買えるのはかなりポイント高し!
しつこくなく、それでいてちゃんとした味わいのおいしいカレーになります。
奇をてらわず、ベーシックが一番。

f:id:wintermute1117:20160108233000j:image
こんなフレーク状で、サッと溶けて使いやすいです。
標準の調理例では8皿分だそうです。
成分表示は以下のようになっています。
(公式サイトより抜粋)

エネルギー 491kcal/100g
水分 8.8g/100g
たんぱく質 7.0g/100g
脂質 32.7g/100g
炭水化物 42.2g/100g
灰分 9.3g/100g
ナトリウム 3400mg/100g
食塩分(Na換算) 8.6g/100g

◎原材料名
食用油脂(豚脂)、小麦粉、果実・野菜(トマト、りんご、玉ねぎ、にんにく)、カレー粉、食塩、砂糖、チャツネ、発酵乳、肉エキス(ポーク・チキン)、酵母エキス、カラメル色素

◎アレルギー物質
  豚肉、小麦、りんご、乳、鶏肉

  カラメル

化学調味料・保存料・香料無添加だそうです。
あまりよくわからない物が入っていないのが嬉しい。
もっと詳しく知りたい方は公式サイトへどうぞ↓

公式サイトを見て頂くと、コスモ食品株式会社のカレー・ルーへのこだわりがよくわかります。
こういう会社は応援していきたいですね。
これからも愛用します。

f:id:wintermute1117:20160108233856j:image
僭越ながら、調理例。
今夜は、赤ワインとソパ・デ・アホの残りとトマトペーストをベースにした、ビーフごろごろカレーにしました。
煎じマサラでコクと深みをプラスしています。

直火焼 カレールー 中辛 170g

直火焼 カレールー 中辛 170g



LIBERTY(OHTO)と ENER GEL(Pentel)

文房具
年賀状の準備に追われる季節ですね。
宛名書きに使っているのは、前に買ったオートのリバティというボールペンなのですが、しばらく使ってみた感想をまとめたいと思います。

中学受験の合格祝いとして祖母にパーカーのソネットという万年筆を買ってもらいまして、とても気に入って持ち歩いていたのですが、しばらく使わないとインクが出なくなってしまい、どうしても不便なので、人前で使っても恥ずかしくないボールペンを探していました。
そこで、あれこれ調べて、国産主要メーカーのリフィル多数との互換性があり、手頃できちんと感のあるこの「LIBERTY」をAmazonで購入したのが4月のこと。

f:id:wintermute1117:20151221224938j:image
購入直後の写真。
重さにちょっとびっくりしましたが、900円を切る価格なのに、セラミック軸の高級感はなかなかのものです。
まだ、純正リフィルで使用していますが、インクが切れたら、より安価(80円くらい)で書き心地が気に入っている「エナージェル」というぺんてるのボールペンのリフィルに替えてみようかと思っています。
試し書きの写真を載せていなかったので今回撮ってみました。

f:id:wintermute1117:20151221234127j:image
上が リバティ オート
下が エナージェル ユーロ 0.7mm ぺんてる

リバティの方が線が細くて、0.5mmくらいです。
どちらもすらすら書けます。
リバティはパリッとしたフォーマルな書き心地、エナージェルの方がややぬるっとしてカジュアルな書き心地です。
エナージェルは色々種類があるのですが、これはユーロという、交換不可の使い切りタイプで、試しに買ったものです。
エナージェルは0.5mmになるとペン先が「ニードルチップ」という細いものになってしまい、わたしの好みではないので、0.7mmを選んでいます。

書き心地に不満は一切ないのですが、リバティのキャップの頭部分がたまに緩んでしまって、ちゃんと締まらなくなるのだけ、ちょっと困るんですよねぇ。
個体差なんでしょうか。
まあ、ギュッと押さえればすぐ直るんですけど…。

もし、今後、リバティの軸×エナージェルのリフィルで使用したら、またレビューしてみたいと思います。

オート ボールペン 水性ボールペンリバティ ブラック CB-10NBL-BK

オート ボールペン 水性ボールペンリバティ ブラック CB-10NBL-BK


ちなみに、一枚目の写真で下に敷いている本は、いつか何か手に入れたいと密かに思っている、TRUCK FURNITURE のです(笑)
センスの良さの源泉についてたっぷり読めて、とても良い本です。
関係無いですが、こちらもおすすめです。
昨年、代官山での展示会に行ったのですが、予想外の長蛇の列で諦めました。
大阪のお店に行きたいなぁ〜。

家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。 -MAKING TRUCK-

家具をつくる、店をつくる。そんな毎日。 -MAKING TRUCK-